技術

切削加工

切削加工とは、切削工具類を用いて鉄やアルミなどの素材を切り削る加工方法。自動車部品、住宅関連部品、マグネシウム関連品などを加工する時に用います。
東亜通商では、フライス盤・マシニングセンタ・CNC旋盤機などを使用し、鋼管、鉄、アルミ、ステンレスなど、様々な素材への切削加工が可能です。

プレス加工

対となった工具の間に素材をはさみ、工具によって強い力を加えることで、素材を工具の形に成形(塑性加工)する加工法。一般には対となった工具のことを金型、加圧する機械のことをプレス機械と呼びます。
東亜通商では、以下の設備と工法により、多種多様なものをプレス加工します。
・設備:油圧式プレス、機械式プレス
・工法:順送式、単発式

レーザー加工

レーザー光を切削や切断加工に利用することで、従来の刃物や切削器具では不可能な機械加工が可能となります。
東亜通商では、国内外の多数の提携工場を有することで、気体式・個体式、両方式の加工を行うことができます。

押出成形加工

型枠に入れられた素材に高い圧力を加え、一定断面形状のわずかな隙間から押出すことで、求める形状に加工する方法。
東亜通商では、この加工法を用いてナイトカバーの樹脂部分などを製造しています。

油圧成形加工

金型などにセットした素材を、油の圧力を利用して加工する方法。
東亜通商では、圧力成形加工で主にパイプの成形をしております。CNCベンダー機、端末加工機を備えています。

パンチング加工

金型を使用して、材料に穴をあける加工法。
東亜通商では、ナイトカバーの透明フィルムに穴を開ける専用パンチング加工機を所有しています。この設備と技術を活かし、ナイトカバーの市場占有率は国内トップレベルを誇っています。

焼結加工

金型を用いて粉末成形するため、大量生産の部品や複雑形状の部品製造に適しており、高い寸法精度が得られることなど、優れた特徴を活かして自動車部品を中心に様々な用途に用いられています。
東亜通商では、焼結加工による製造を海外で行うため、加工費・金型費を安く抑えることができます。

ページ上部へ戻る